電話番号
お問合せはこちら
  • TOP
  • 事業内容
  • 施工実績
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お知らせ

耐震補強、高度・特殊な橋梁の補修・補強対策については、経験豊富なプロ集団 株式会社鎌田メンテナンスにお任せ下さい。

TOP > 事業内容 > 橋梁補修・補強工事

会社案内

採用情報

採用情報

建設業許可書

建設業許可書

SSLサイト証明

SSL証明
当サイトはSSL(暗号通信技術)を使用し、個人情報の保護を行っております。

橋梁補修・補強工事

落橋防止装置設置工事

落橋防止装置設置工事落橋防止装置とは、構造部材や地盤の破壊に伴う予期できない構造系の破壊が生じた場合でも、 上部構造の落下を防止するために設けます。

桁かかり長の確保、落橋防止構造、変位制限構造および段差防止構造から構成され橋の形式 ・支承のタイプ・地盤条件などに応じて適切に選定されさまざまな橋梁で設置が行われております。

当社では、罫書き、アンカー削孔、アンカー定着、罫書き、鋼桁孔明け、溶接、高力ボルト締付作業 により、鋼製ブラケット及び落橋防止システムの設置工事を行っております。

また、RC構造の落橋防止装置においても、表面処理、アンカー削孔、アンカー定着、鉄筋、型枠、 コンクリート打設を行い、RC落橋防止構造の施工も行っております。

支承取替工事

腐食や劣化損傷が著しい状態の支承や、ベアリングプレートの割れまたは、下沓サイドブロックと 桁との接触により、可能不良や荷重支持機能の低下した支承のほか、近年の車両の大型化や 交通量の増加等により耐荷不足の支承の耐震性の向上を計るために支承取替工事が行われ ております。

当社では、補強部材の取付、仮受け台の設置、桁のジャッキアップ、支承撤去、支承アンカー増設、 沓座モルタル打設、支承据付作業により、新しい鋼製支承及びゴム支承への取替工事を行っております。 また、ブレーカーはつり工法、コア削孔機によるラインカット工法、ウォータージェット工法などニーズに合った 工法で支承の撤去を行っております。

鋼板接着補強工事

鋼板接着補強工事鋼板接着補強とは、コンクリート部材の引張り縁などに鋼板をエポキシ樹脂などで接着し、既設部材と一体化 させて耐荷性能や剛性などの回復や向上を図り、ひび割れなどの耐久性向上の性能も改善するなどの目的 で施工されます。 当社では、床版補強においての下地処理、鋼板取付からエポキシ樹脂注入。

橋脚の柱及び梁部においての 下地処理、鋼板取付からエポキシ樹脂注入または、無収縮モルタル注入まで一貫して工事を行っております。

コンクリート剥落防止工事

コンクリート剥落防止工事コンクリート構造物は、自然環境の下で、時間の経過に従い、外部からの雨水等の浸入や、塩分や中性化等 の劣化因子により内部の鉄筋が腐食することによって、コンクリートが剥落してしまうという現象を生じることが あります。

剥落を未然に防止することを目的に、コンクリート表面に柔軟で強靱な樹脂の層を設けたり、 連続シートを含浸接着したりとさまざまな工法が活用されています。

当社では下記の工法、材料を用いた施工を行っております。

【FF-VSE工法】 【レジガードHGはく落防止システム】 【レジガードシステム】 【ボンドキープメントVM-3工法】【タフガードスマートバルーン工法】 【タフガードQR工法】 【タフレジンME-A工法】 【デンカHV工法】

繊維シート接着補強工事

繊維シート接着補強工事繊維シート接着補強とは、鋼板接着補強同様、コンクリートの耐荷性能や剛性などの回復や向上を図り、ひび割れ などの耐久性向上の性能も改善する目的で施工されますが、強じんで軽量な連続繊維シートをエポキシ樹脂などを 用いて貼付するので、すべての作業を人力で行えます。

当社では下記の工法、材料を用いた施工を行っております。

【リペラーク工法(炭素繊維シート補強)】 【トウシート工法(炭素繊維シート補強)】 【FFシステム(炭素繊維シート補強)】【FFシステム(アラミド繊維シート補強)】 【フィブラシート工法(アラミド繊維シート補強)】

ひび割れ補修工事

ひび割れ補修工事既設コンクリート構造物のひび割れの要因や特性に対し、「注入工法」「充填工法」「表面含浸」などひび割れ補修に 有効な工法及び材料を選定し、施工します。

当社では下記の工法、材料を用いた施工を行っております。

【低圧注入工法】 【高圧注入工法】 【止水工法】 【Uカット充填工法】 【Vカット充填工法】【ボンドシリンダー工法】 【ビックス工法】

コンクリート断面修復工事

コンクリート断面修復工事断面修復工事は、既設コンクリート構造物の欠損したコンクリート断面,または,許容限度以上の劣化因子を含む コンクリート部分を除去し,埋戻しにより当初の性能および形状・寸法に回復することを目的としています。

当社では下記の工法、材料を用いた施工を行っております。

【左官工法】 【プレパックド工法】 【モルタル注入工法】

コンクリート面保護塗装工事

コンクリート面保護塗装とは、コンクリート表面へ材料の塗布し劣化因子を遮断することによりコンクリートの耐久性 を向上させることを目的としています。

当社では下記の工法、材料を用いた施工を行っております。

【レジガードシステム】

このページのトップへ

Copyright © 株式会社 鎌田メンテナンス All rights reserved.